鼎莊火鶏肉飯 1店舗目から大当たり!嘉義の火鶏肉飯 @ 台湾・嘉義


スポンサードリンク

嘉義グルメと言えば鶏肉飯!!

色んなお店を食べ比べてみようと思います。

正確にいえば嘉義の鶏肉飯は火鶏肉飯。

「火」が付く鶏肉飯はニワトリではなく七面鳥なのです( ´艸`)

嘉義にいるのは今夜と明日の午前中のみ。

短い時間だけど何軒鶏肉飯が食べれるかな♪


P0021219.jpg

そして映画「KANO」の舞台である嘉義。

中央噴水広場のロータリーには吳明捷投手の銅像が。

車の中から撮ったので後ろ向きの写真のみ(^▽^;)

映画を見ていれば嘉義の街が更に楽しめそうですね^^


P0021217.jpg

鼎莊火鶏肉飯

住所 嘉義市東區林森東路338號
電話 05-271-1075
営業時間 8:00-19:30


今回、嘉義の鶏肉飯の食べ歩きは、

台湾人のブログで嘉義の鶏肉飯ばかりを食べ歩いてる方がいたので、

その方のブログを参考に色々と周ってみました!

天邪鬼な私は銅像の画像にもチラリと写っている、

各種ガイドブックにも載っている有名店「噴水鶏肉飯」には行かず。笑


P0021209.jpg

メニュー。


P0021211.jpg

2種類頼んでみましたよ♪


IMG_5220.jpg

鶏片飯 50元

大き目の器に入って出てきてボリューム満点。

なんだ、なんだ!!この美味しさは!

七面鶏のお肉が大き目にカットされていてお肉がシットリ~。

タレの味はしっかりしてるけど油っぽさはなし。

上に乗ってるエシャロットが香ばしさを出していて良い仕事をしてます。

ご飯が固めに炊かれていたのも私好み。


P0021214.jpg

火鶏肉飯 小 20元

鶏片飯と比べるとお肉のカットは小さめですが、

それでも20元でこのクオリティの物が食べれるのは素晴らしい!

1店舗目からレベルの高い鶏肉飯に当たって大満足。

七面鳥が想像以上に美味しい!

ニワトリと比べると鶏臭さが全く気にならなくてシットリなんです(≧▽≦)

本場で食べる嘉義の鶏肉飯にはまりそうな予感。

続きます。


ポチっと↓応援クリック ↓ お願いします☆

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村



いつもありがとうございます♪



スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

火鶏肉飯

有名店「噴水鶏肉飯」には行かずという判断は、さすがですね。
私も嘉義で火鶏肉飯の食べ歩きをしましたけど、こんな僻地の店を選ぶところもさすが。
地図で調べたら嘉義公園の近くだったので歩いて行けない距離でもないですけど、レンタカー利用でないと普通は選べないです。にしても、安いなぁ・・

で、本場の火鶏肉飯ですけど、ハマったでしょ?
何軒食べ歩いたのか、この後の記事も楽しみにしています。

この記事を読んで、すぐに旦那にURLをメールしましたw
七面鳥と言うのが、良いですよね〜

続きが楽しみです。

Re: 火鶏肉飯

Rさん

噴水鶏肉飯は調べてる時に結構賛否両論があったのも気になりましたし、
最終的な決め手はRさんのレポを見たからだった気がします(笑)
今回、レンタカーだったので場所とかは関係なくお店を選んでみました。
ちょっと中心部から遠いので行きにくいですよね(^▽^;)
お店の人も日本人が来た事に驚いてましたよ~。

火鶏肉飯はかなりはまりました!
これだけの為にまた嘉義に行こう!って思いましたもん。

Re: タイトルなし

みちねこさん

このお店、かなりお勧めなのですが、
ちょっと中心部から離れてるのが難点なのですよー。

七面鳥、いいです!!
ニワトリとはまた違う食感や旨味。
個人的にかなり気に入ってしまいました!
この後もまだまだ嘉義グルメを食べますのでお楽しみに^m^