ソウル旅行記 3日目 トンアネンミョン



スポンサードリンク

弘大をウロウロと街歩きをした後、

次に向かった先は・・・・走る人


タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~
タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


赤い冷麺で有名な・・・・

「 トンアネンミョン 


人気の冷麺屋さんドキドキ 

本店は梨泰院のはずれの方にあるんだけど並ぶらしいひらめき電球

並ばないですむ弘大店は穴場みたいニコニコ


弘大店の場所は弘大入口駅4番出口を出て、右へ50mほど進んでまた右へ。

少し歩くと左手にあります(大通りと歩きたい通りの間の道) by旦那



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


弘大の支店も、結構お客さん入ってたよービックリマーク


タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~
タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


メニューはムルネンミョン(冷麺)とビビンネンミョン(ビビン麺)とマンドゥの三種類のみ!! 

冷麺かビビン麺を選んで大きさを大(デ)か小(ソ)を言うだけ。

ちなみに、ビビン麺は韓国人ですら辛くてギブアップする代物みたいにひひ


私達はムルネンミョンの小2つとマンドゥ1つを注文音譜


冷麺も情報によると辛いらしいから、

念の為にあまり辛くしないでくださいと言ってみたよ。



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


ユクス(牛骨スープ)と水はセルフサービスパー

勿論、無料で飲み放題よニコニコ



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


このユクスがちょっと濃い目なんだけど美味しいドキドキ



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~
タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


まずは赤いタレを混ぜないでそのまま食べてみる。

酸味が効いてるタイプでサッパリ!!


その後、赤いタレを混ぜ混ぜすると、ピリリと味がしまる。

注文時にあまり辛くしないでって言ったから本当はもっと激辛なんだろうけど。。。

これは美味しいわ。。。。

酸味があるから好みが分かれるかもだけど、私にはドンピシャビックリマーク

この酸味の効いた冷麺と濃い目のユクスをを交互に食べるとめちゃくちゃ美味しいドキドキ

ユクスが酸味を抑えてくれて良い相乗効果になってるグッド!



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


冷麺を食べていると、蒸したてで熱々のマンドゥが来た音譜

見るからに美味しそうドキドキ

結構大ぶりで女性のコブシぐらいのものが4個~Э



タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


おぉ!! このお店、マンドゥも美味しいーーーーじゅる・・

中身がギッシリで野菜の甘みも感じられるドキドキ

今までソウルで食べたマンドゥの1位、2位を争う美味しさと旦那が絶賛にひひ


冷麺を食べて、ユクスを飲んで、マンドゥをかじる。。。。

その動作を繰り返しながら食べるのがすごくいい!! 美味しすぎる。。。ラブラブ


この3品を交互に食べ飲み(一つでも欠けてたら駄目!)

ものすごくB級グルメなんだけど、この旅で一番美味しかったかもしれない。。。


ムルネンミョンX2、マンドゥX1  12000W でしたキラキラ


でも、さすがにお腹がくるしーーーーあせる


タクシーでホテルにもどりましょー車


タビアルキ☆タベアルキ~旅の目的はいつも食~


ここで終わるはずが・・・・・ドクロ


part6に続く・・・・。


いつもブログを見てくれてありがとうございます挨拶

応援クリックお願いしますニコニコ更新のモチベーションあがりますドキドキ


にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ  人気ブログランキングへ



スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

クミ

日本国内・アジアの食べ歩き旅行記
☆お願い☆
ブログ内の画像、
記事の無断転載はご遠慮ください

食べ歩きの感想等を書いたりしてますが
個人的感想ということでご了承ください。

お店情報や価格は更新当時の情報です。
コメント等で教えて頂ければ店舗情報の更新をしますが、
閉店・移転しているお店もありますので、
行かれる前にご自身で確認をお願いします<(_ _)>

Instagram

スポンサードリンク

 

カテゴリ

タグリスト

月別アーカイブ

★海外でのお勧めカード★


プライオリティ・パスに登録可能(無料) 300以上の都市、100以上の国や地域で 600ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。


私も作りました
☆レポはコチラ

★楽天★

航空券&ホテル予約

メールフォーム

個人的な旅行に関しての質問や相談の返信はしていません。ご了承下さい。メールはありがたく読ませていただいてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

FB

ブログ内検索フォーム