弘記肉燥飯舗 空調の効いた明るく清潔感がある店内で食べる肉燥飯など小吃 @ 台湾・高雄



スポンサードリンク


ホテルで休憩していたら良い時間になったので夕飯を食べにおでかけー。

ホテル周辺で新規開拓の強化運動をしてるので?

徒歩で行けるお店へ。


IMG_4159.jpg

弘記肉燥飯舗

住所 高雄市左營區立文路96號
営業時間 11:30-14:30 / 17:00-21:00
定休日 月曜日

2018年8月に出来たばかりの新しいお店です!

店内は空調も効いてるし明るくて清潔。



IMG_2138.jpg

メニュー

日本語表記がありました!

小吃がメインのメニュー構成です。


IMG_4182_201907311353403c6.jpg

小菜はレジ前にあるので指さしで注文。


IMG_2146_20190731135339b51.jpg

小菜 40元

水蓮と人参の和え物。

塩味でシンプルな味付けでアッサリ。


IMG_2145.jpg

小菜 40元

蜆の醤油漬け。

最近、Rさんの影響で見つけると注文するようになってしまった。笑

たまたまかもしれないけどどれも身が痩せていて残念な感じだった。


IMG_2144.jpg

小菜 40元

レバーの冷製の和え物って感じ。

これがめーーーーっちゃ美味しかった!!

レバーを低温調理したのかな?って感じのしっとりトロリ具合(*´ω`)

あまりの美味しさにもう一回頼もうかなと本気で思った。


IMG_2148.jpg

肝連肉 50元

メニューにはハラミ肉って書いてありました。

甘目のタレがかかってます。


IMG_2141.jpg

肉燥飯 小 35元 + 黄金荷包蛋 15元

肉燥飯に半熟の目玉焼きのセット♡

もうこれは間違いない美味しさだよねー。

肉燥はトロトロでコクがあって美味。

八角等のクセは特にないので誰でも美味しく食べれると思います。

今回は頼まなかったけど麻辣肉燥飯も気になるなー。


IMG_2142.jpg

猪腿庫飯 小 60元 + 黄金荷包蛋 15元

旦那は日本でいう角煮丼に半熟卵。

角煮の他に肉燥もたっぷり乗ってるので二度美味しい。

ガッツリ食べたい人はこっちかな。


IMG_2139_20190731135336287.jpg

私の頼んだ肉燥飯と比べると大きさの違いはこんな感じ。


IMG_2151_20190731135325d40.jpg

餛飩湯 60元

餛飩が薄皮でお肉がギュッとつまっていて好きなタイプ♡

スープは台湾によくある塩味+セロリの風味。

ご馳走様でしたー!!

ホテルから歩いてすぐだし、

お店も綺麗だし気軽に食べれるメニューが沢山なので今後もリピする!

冷製レバー美味しかったなぁ♡

続きます。

▽インスタ
Instagram


スポンサードリンク

コメント

R@スイス

クミさんも蜆の醤油漬けにハマってしまいましたか。
しかし、ガイドブック掲載の高級店はともかくとして、食道クラスの店はどこも安いですね。日本でシジミを買うと滅茶苦茶高いのに、なんであの値段で出せるのかな?

最近ようやく肉燥飯と魯肉飯を区別出来るようになったんですけど、南部では肉燥飯がルーローハンで間違いなかったようで。まあ、肉の部位と切り方も違うようですけど、ここの肉燥飯は食べに行きたい!
今月下旬にも高雄に行くので、蜆と共に試してきます。

クミ

Re: タイトルなし
R@スイス さん

元から好きな方ではあったのですが、
最近はRさんの影響もあってか気にしてみるようになってしまいました。笑

ここの蜆はたまたまかもですが身入りが悪くてイマイチだったのですが、
小菜のレバーがすごく美味しかったです!
非公開コメント

クミ

日本国内・アジアの食べ歩き旅行記
☆お願い☆
ブログ内の画像、
記事の無断転載はご遠慮ください

食べ歩きの感想等を書いたりしてますが
個人的感想ということでご了承ください。

お店情報や価格は更新当時の情報です。
コメント等で教えて頂ければ店舗情報の更新をしますが、
閉店・移転しているお店もありますので、
行かれる前にご自身で確認をお願いします<(_ _)>

Instagram

スポンサードリンク

 

カテゴリ

タグリスト

月別アーカイブ

★海外でのお勧めカード★


プライオリティ・パスに登録可能(無料) 300以上の都市、100以上の国や地域で 600ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。


私も作りました
☆レポはコチラ

★楽天★

航空券&ホテル予約

メールフォーム

個人的な旅行に関しての質問や相談の返信はしていません。ご了承下さい。メールはありがたく読ませていただいてます。

名前:
メール:
件名:
本文:

FB

ブログ内検索フォーム