台湾旅行記 桃園国際空港→成田空港 CX450便


スポンサードリンク
時間になったので飛行機に乗り込みます。

私達、初キャセイなのでちょっとワクワク♪


P3196312.jpg

CX450便

ビジネスクラスはすごくガラガラ!!

貸切状態(笑)


P3195907.jpg

離陸前のウェルカムドリンク

シャンパンの気分じゃなかったのでオレンジジュース。


P3196317.jpg

離陸後のドリンクサービス。

ラウンジで食べ過ぎてお腹いっぱいだったせいか烏龍茶( ̄ー ̄;


帰国後にキャセイディライトというキャセイオリジナルカクテルがあることを知りました。

飲んでみたかったな~。

次回は忘れないように頼まなきゃ。

お次は機内食!


P3196330.jpg

前菜

ピクルス、ナッツ、鴨のテリーヌとパテ、玉子サラダ

季節のサラダ、サウザンアイランドドレッシング添え

蕎麦、海老


P3196334.jpg

私のメイン

ガルーパの赤味噌焼き、胡麻入りご飯、野菜各種


P3196332.jpg

旦那のメイン

ハンガリー風ビーフと栗のシチュー 茹でじゃが パセリ カボチャ グリーンズッキーニ


メインはワゴンに載せられてサーブされるので、ワゴンから現物を見てメインを選択出来ます。

これって嬉しいサービス♪


メインは4種類の中から選択するのですが、

私達が選択した物以外のメニューは

☆ハニーローストチキンのしょうゆ風味 ご飯 野菜各種

☆フェタチーズのリングイネ・パスタ、マッシュルームとナスの煮込みソース

がありました。

本当はハニーローストチキンを頼みたかったのですが売り切れでした(´□`。)

(ガラガラなのに何故!?)


P3196337.jpg

季節のフルーツ


P3196339.jpg

食後はハーゲンダッツのアイスとコーヒー。

写真は撮ってないですが、この後にチョコレートのサービス。

飛行中到着ギリギリまでずっと食べ続けていたような(笑)


私達は断ってしまったのですがチーズのサービスもあったので、

こんな短時間のフライトなのにボリュームがすごいです!

まさかこんなにボリュームがあるとは知らずラウンジで食べ過ぎてしまい

お腹が全然空かなくて沢山残してしまって申し訳なかったです。

キャセイに乗る時はお腹を空かせておかないと・・・。


P4226280.jpg

そうそう。

キャセイのマルコポーロクラブは通常入会するのに50ドルかかるのですが、

機内申し込みだと無料とCAさんから勧められたので入会してみました。

無料申込はファーストクラス、ビジネスクラス限定らしいです。

後日、ネームタグ2枚とカードが郵送で届きました(上記画像)

マルコポーロクラブに入会してると優先カウンターでチェックイン出来ます。

その他特典はもっと上のクラスじゃないと旨味はないでしょうが・・・。


P3195908.jpg

今回もとても楽しい旅行でした。

最後、お土産編を書いて終了です^^

もう少しだけお付き合い下さい。


この後のクミ家の旅行プランは、

今週末から台湾と同じぐらい大好きなタイへ行ってきます!

台湾旅行とはまた違いタイのリゾート地でゆっくりしてくる予定です。

こちらも帰国後、旅行記を書くので良かったら見て下さい^^

そして次の台湾旅行は夏です!

友達夫婦と現地で合う約束をしてたりして今からとても楽しみです♪


では最後、お土産編へ続きます。


ランキングに参加してます♪

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ   
にほんブログ村

   ↑
応援クリックして頂けると更新の励みになります(別窓で開きます)
いつも応援ありがとうございます^^






スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

いいな~~~タイ!
私もタイも大好きです♪
お買い物も楽しいし、タイ料理が美味しいですもんね~~~!
私の人生で一番辛い食べ物を食べたのはタイでした。
どんな旅行になるのでしょう~!
アップが楽しみです☆

マルコポーロクラブ機内申し込みだと無料って!
ビジネスクラスに4回乗っているのに、一度も案内が無かったですよ。
優先カウンターチェックインだけでも嬉しいのに・・

Re: タイトルなし

メイフェさん

タイいいですよね~。
あのゆる~い雰囲気が好きです。
このブログを始める前は連続でタイ旅行ばかりでした(笑)
どうもしつこく同じ国に行く傾向がありまして・・・(^▽^;)
今回のタイ旅行は食べ歩きというより、
ゆっくりプールでゴロゴロとかそんな感じになるかと思います。

私も人生で一番辛い食べ物はタイ料理かも!?
間違えてブリッキーヌを噛んでしまった事があって
水を飲んでも何をしても辛さが取れなくて大変でした。。。

Re: タイトルなし

Rさん

案内なかったですか?
最近始まったサービスなのかなぁ・・・。
もしかしてガラガラだったからCAさんが暇をもてあまして
勧誘に来たのかもしれません(笑

貰った申込書にはファースト、ビジネスクラス限定
機内申込の場合は50ドルが無料とちゃんと印字されてありました。
次、キャセイ乗った時聞いてみて下さい^^
多分全路線対象だと思うのですが・・・。

優先チェックインカウンター使えるのはいいですよね。
桃園空港のマルコポーロクラブのチェックインカウンターは
ビジネスクラスと兼用でしたのでガラ空きでした^^

優先チェックインカウンターですか、よいですね
まあ、僕はいつもリュックサック一個で行くので荷物は全て機内持ち込み
空港行く前にインターネットチェックインしておくのでチェックインカウンターには寄りませんがw

関西人でイラチなので荷物預けちゃうと到着してから荷物出てくるのを待つのが嫌なんです、いくらビジネスで優先的に出てくるとしてもw

GWはタイですか、僕は横浜です
娘が横浜アリーナのジャニーズのコンサートのチケットを取っちゃったので連れて行くことに。
新横浜プリンスのスイートを予約したんですが、その日は全館満室とか
確かあそこ1000室弱くらい部屋数あったと思うのですが、それが全部満室となるとチェックイン時の混雑が思いやられます(苦笑)

タイ、、、僕が最後に行ったは2005年です。
そうインド洋大津波でプーケットが壊滅した年
津波の後直ぐに行ったのですが、僕はバンコクにしか滞在しなかったので津波の惨状は直接は知りません。
でも津波の惨状より、もっと心に突き刺さる光景をバンコクで目の当たりにしました。

それまではタイ在住の友人が居たこともあり、たまにタイには行ってました
しかしあれ以来、タイに行こうと思うとあの光景が目に浮かびずっと行けずにおります。

その光景とは、、、
・・・書くの止めときます、少なくとも今は
せっかくこれからタイに遊びに行くので楽しい気分になっている人に、冷水浴びせるようなことを書くのは本意ではないので。

タイ、楽しんで来てください

Re: タイトルなし

ポーン さん

機内持ち込みだと楽ちんでいいですよね。

我が家は2人で1つ大き目のスーツケースに入れてくので
どうしても荷物を預けないと無理なんです。
しかも旦那は男なのに私より着替えの荷物が多いし( ̄_ ̄ i)

Re: タイトルなし

ポーンさん

何がビックリってポーンさんにお子さんがいたことです!
自由きままに1人旅を楽しんでるのでてっきり独身かと思ってました(笑)
1000室が満室ってジャニーズ効果ですか!?

その光景とは、、、、
うわっ、知りたい!でも知らない方がいいのか!?
赤服のデモとかじゃないですよねぇ。。。
津波の惨状より、もっと心に突き刺さる光景。
うーん、全く想像がつきません(^▽^;)

Where the street have no name


知りたいですか、これだけ頻繁に海外に行かれているKUMIさんなら僕と同じ光景を目にしたことがあるかもしれません。

バンコク在住の友人に連れられて夕暮れにワットアルンを観光した帰りでした
夕焼けに染まるワットアルンはそれはそれは美しいものでした。
その日はバンコク最終日でした。

それまではバンコクの良い面しか見てなかったんでしょう、僕は友人に「バンコクって、もっと物乞いとかストリートチルドレンとかが沢山居たりして、悲惨な面もたくさんある街かなと思ってたけど案外そうでもないんだね」って軽口をたたいたんです。
そしたら友人が「・・・ちょっと寄りたいところがあるから付いて来て」と言って歩き出しました。

しばらく歩くと裏通りに入っていくような細い路地に入って行きました。
そしたら路地の両側に物乞いの少年・少女が沢山居ました。

僕が友人に「やっぱりバンコクにもこういう物乞いの居る場所があるんだね」と言うと、友人が「ただの物乞いじゃないよ、この子らの体をよく見てごらん」と返してきました。
確かによく見ると何か違和感があります、そうです五体満足な子が一人も居ないんです。

最初、地雷か何か爆発物でやられたのかなと思いましたが、カンボジアのジャングルじゃあるまいし、と思い直しました。

僕は「交通事故にでもあった子供たちなの?」と尋ねると、友人が暗い顔で「この子たちの物乞いの収入だけが、この子たちの一家の唯一の収入なんだ。ところで、五体満足な子供の物乞いと五体不満足な子供の物乞い、君ならどちらに同情してめぐんであげる?」と返しました。

「そりゃあ、五体不満足な方かな」と僕が答えると、友人が「だよな。じゃあ五体満足な子を五体不満足にするにはどうすればいい?」

「・・・まさか、、、、」と僕は青ざめました

友人が続けて「そうだよ、そのまさかだよ。この子たちの親が物乞いでめぐんでもらえる金額や機会を上げるために、自分の子供たちの手足をぶった切るのさ、鉈や包丁でね。でもね、子供たちは自分の親にそんな目に遭わされても、お父さんお母さん産んでくれてありがとう、って心底思ってるらしいよ」と言ってため息を付きました。

確かに子供たちの顔を見ると暗い影など一切ない満面の笑顔で「マネー、プリーズ」と言っており、めぐんでやるとまた満面の笑顔で「サンキュー、サンキュー」と返してきます。

このことがあって以来僕はバンコクと聞くと、手足を飛ばされたあの子らの満面の笑顔がフラッシュバックして何とも言えない気持ちになるんです。

読んで不快な思いをしたらごめんなさいです

Re: Where the street have no name

ポーンさん

あぁ。。。そっち系でしたか。。。

子供を使った物乞いの人、タイだけではなく他のアジア各国に沢山いますよね。
タイもどんどんと発展していってますが、
裏ではこういった悲しい現実がある事は考えさせられますね。
それがビジネスとして成り立ってるのも本当どうかと思います。

タイ政府では物乞いの取り締まりを強化したりしてるみたいですが、
物乞いの方たちがそういったビジネスをやらなくてすむように、
もっと本気でなんとかして欲しいものですね。

おそらく娘が生まれる前なら、そんなに深い思い入れもなく、ただたんに可哀相だな、で流していたと思います。
娘が生まれるまではこの世で自分の命より大切なものなんてなかったですから。
でも今は違います、私、娘のためなら何だって出来ますよ
自分が親になって初めてこういう親の気持ちが分かりました。

自分がもしあのストリートチルドレンの親なら自分の子供の手や足を飛ばすなんて到底できない
でも家族みんなが生きていくためにはそうしなければならない悲しい現実
いっそ気がおかしくなった方が幸せだと思うでしょうね

極限の貧困は魂まで凍てつかせるということでしょうか

これで、この話題はおしまいにします

Re: タイトルなし

ポーンさん

そういった親たちは思考が全然違うのでしょうね。
私にも全く理解は出来ません。

国が変われば価値観も違ってくるのでしょうね。

悲しい現実があるのは事実ですが、
これすべてがタイではないと思ってますので私はタイが好きですよ。